糸我小学校(いとがしょうがっこう)がホームグランドの糸我少年野球クラブのホームページにようこそ。

お店に行けば、ミズノ、アシックス、SSKなど各メーカーが鎬を削る高機能バットがズラリ!正直迷います・・・ビヨンドマックスやテックエース、レボルタイガーなど、けっしてお値段だけで「松・竹・梅」と表現できないそれぞれの特色、価格、知名度、デザイン、感覚、好みなどがあり困ります。しかし最後に決めるのは自分=あなたは(本人)にどんなバットを選びますか?そんなお父さん、お母さんのお役に立てれば幸いです。実際に私自身は野球経験もなく知識は有りませんが実際にみたことのあるバットの「良いところ」「感じたこと」の紹介です。

  

ミズノ/ビヨンドマックス!「飛ぶバット」一度は聞いたことがある有名な知名度№1ではないでしょうか?

ビヨンドマックスメガキング【1CJBY10578 78㎝/570g平均】・(モニタリング:チームの小学4年生使用中) シリーズ累計50万以上の大ヒットシリーズ!複合型バットの先駆者ミズノの熱い思いがそそがれた、こだわり逸品シリーズ。なぜ?本当に飛ぶのか?その秘密は高反発・高強度のポリウレタンを打球部に採用しているところです。軟式ボールはバットに当たった瞬間、つぶされ変形し、元に戻ろうとする力(復元力)が働くためにエネルギーロスが起こることから、このエネルギーロスを軽減し、エネルギーをよりボールに伝えることで飛距離を伸ばせる、そのことに着目したのが「ビヨンドマックス」シリーズです。今までの概念にとらわれず、ボールの素材と構造に着目し先駆者として開発改良がなされてきことに要因があるのではないでしょうか。実際に好みはあるかもしれませんが、打球音(普)「バスんっ」、打球の伸び(特良)「ぐいーん」、「カタログ値570g平均より軽く感じる」「自信のみなぎるバットのデザイン」←「※個人的な感想です。」持った感じも上質な質感(78㎝/570g平均)トップバランスですが、そんなにトップ感を意識しない振味→好き嫌いはあると思います。このシリーズ、商品一つ一つにミズノの情熱と愛情がたっぷり注がれていることを、お値段は少々高めですが息子様、娘様のナイスバッティングを見て買ってよかった、選んでよかったと実感できるバットです。
写真【mizunoオフィシャルサイト提供】
実物写真【約1年使用】

参考価格 37,800円程度
メーカーサイト、取扱い店のサイト。詳しくはこちらをご覧下さい。

  

ルイスビルスラッガー/カタリスト!「ルイスビルスラッガーの飛ぶバット」知る人ぞ知る評価が高いバットではないでしょうか?

カタリストBTミドルバランス【JJRB015B 80:80cm/600g平均】・(モニタリング:チームの小学5年生使用中) “Louisville Slugger”の誕生は1894年、多くのメジャーリーガーが愛用した名門老舗メーカー。また長嶋茂雄も現役時代、ルイビルのバットを使用していたことがあった。2015年にグラブや審判ギアなどの用具メーカーとして広く知られるウイルソンと、さらにパワーアップしてアメリカの野球史をささえてきた老舗が共に歩みだしています。カタリストBTミドルバランス【JJRB015B 80:80cm/600g平均】は新素材カーボン(素材:新素材カーボン カタリストバブル)によるルイスビル独自の高反発を実現。手元部分を硬め、ミート部分を柔らかめというでしなりを最小限に抑える構造で、ミート部のトランポリン効果とアルミ素材自体反発性で飛距離を生み出してる。ルイスビル独自の打感と振り抜きの軽さを感じるスイングバランスでエネルギーをよりボールに伝えることで飛距離を伸ばせる、「カタリスト」シリーズです。打球音(良)「カーンっ」、打球の伸び(特良)「ぎゅいーん」、「カタログ値600g平均であるが振り抜きの軽さを感じる」「ピンポン玉のような打球の伸び」「バットから伝わる心地よい打感」←「※個人的な感想です。」紹介のカタリストはミドルバランスですが、バットが素直に出る振味→好き嫌いはあると思います。シリーズラインナップも豊富でトップバランスも選択できる。お値段は少々高めですが息子様、娘様のナイスバッティングを見て買ってよかった、選んでよかったと実感できるバットです。
写真【株式会社イマイスポーツオフィシャルサイト提供】
実物写真【約1年使用】

参考価格 31,320円程度
メーカーサイト、取扱い店のサイト。詳しくはこちらをご覧下さい。

  

SSK/メタルハンター、ハンターマックス!「常識破りの弾丸ライナー」一度は使いたくなるバットではないでしょうか?

ハンターマックス【HMNJ0116 78㎝/590g平均】・(モニタリング:チームの小学6年生と4年生使用中) 1956年「SSK立体裁断ユニフォーム」のブランドで売り出し、ここから「SSK」印を付けた商品開発が始まった。その後、「SSK」ブランドの商品開発アドバイザーとして、阪神タイガース村山実選手や読売ジャイアンツ柴田勲選手などプロ野球選手とアドバイザー契約を締結し、アドバイスを採り入れて商品改良を重ねる日本を代表する老舗メーカーのひとつ。【HMNJ0116 78㎝/590g平均】は巨人・坂本選手もびっくり!?バンピーコア:凸凹バット『ハンターシリーズ』の打球部には、業界初の凹凸形状『バンピーコア』がシートに覆われています。軟式ボールがバットに当たった瞬間、「凹部」がボールの変形を抑え、「凸部」がボールを押し出すことによって、打球初速がアップするSSKの独自機能。野手の間を鋭く切り裂くような速い打球を生み出します。よりヒットの確率が高まるとのことです。打球音(普)「パンっ」、打球の伸び(良)+打球(早)「スパーン」写真紹介・データはハンターマックスですが、カーボハンターも同じくさすが野球老舗メーカーSSK!バットが超素直に出る振味→好き嫌いはあると思います。デザインは独自のバンビコアのデコボコがかすかに分かるシルエットが力強さを感じます。←個人的な感想です。選んでよかったと息子様、娘様も高速弾道を体感できると思います。
写真【SSKオフィシャルサイト提供】
実物写真【約1年使用】

参考価格 34,560円程度
メーカーサイト、取扱い店のサイト。詳しくはこちらをご覧下さい。

  
  

アシックス/テックエースライト!「高反発モデル」価格抑えめ(テックエースライト)だけど機能は打球の速さと飛距離を求められる高機能モデルでしょうか?

テックエースライト【BB8406 78cm・540g平均】・(モニタリング:チームの小学5年生使用中) 先から根っこまで全部ウレタン、複合部分で作られた他社にはないバットコントロールのしやすい軽量モデルのテックエースライト。ミドルバランスで軽めであること、ミート範囲が広いことを考えると、テックエースシリーズはホームランバッター用というより、アベレージヒッターから中距離打者の方にピッタリのバットかもしれません。テックエースライト【BB8406 78cm・540g平均】は打球音(普)「パンっ」、打球の伸び(普)+打球(早)「パーン」、バットコントロールに扱いやすく軽くて、そこそこ飛ぶバットを探しているならばぴったりでしょう←好き嫌いはあるでしょう、個人的な感想。ウルトラテックエースなど他のグレードもあり、(ライト)→(ウルトラ)へ、グレードUPしても息子様や娘様も扱いやすさを実感し、長年馴染みメーカーのバットにしてよかったと思えるのではないでしょうか?
写真【アシックスオフィシャルサイト提供】
実物写真【約1年使用】

参考価格 25,920円程度
メーカーサイト、取扱い店のサイト。詳しくはこちらをご覧下さい。

  
  

美津和タイガー/レボルタイガー!「軽量、高強度、ヘッドコントロール抜群」特許出願中のJグリップの採用によりMLBの選手も求めたヘッドコントロールとスピードを加速させるモデルでしょうか?

レボルタイガー【HBAX14PS-478 78cm・500g平均】・(モニタリング:チームの小学5年生使用中) 人間工学設計=ケガの軽減、人間工学に基づきスタイリッシュにデザインされた「Jグリップ」は、従来のグリップに比べ、バットを握るグリップ面積が拡大。リストワークの安定性を向上させ、パワーロスを減少し、バットコントロールを飛躍的に高めます。レボルタイガー【HBAX14PS-478 78cm・500g平均】は打球音(良)「カーン」、打球の伸び(普)「か~ん」、軽量で高強度(スカンジウム)の反発でしっかり打ち返すバットを探しているならばぴったりでしょう←好き嫌いはあるでしょう、個人的な感想。息子様や娘様もきっとJグリップの効果とされるヘッドの走りや理想のスイング軌道を実感し、美津和のバットにしてよかったと思えるのではないでしょうか?
写真【美津和タイガーオフィシャルサイト提供】
実物写真【約1年使用】

参考価格 14,000円+税程度
メーカーサイト、取扱い店のサイト。詳しくはこちらをご覧下さい。

  
  

ZETT/グランドヒーローライジング!「しっかり打つ!超々ジュラルミン縦研磨」硬式金属バットと同じ素材(超々ジュラルミン)を使用したバット。ミドルバランスで振り抜き感が良い仕上がりのモデルでしょうか?

グランドヒーローライジング【BAT71620 80cm・550g平均】・(モニタリング:チームの小学5年生使用中) グランドヒーロー独自の重量分布設計、ショットピーニング加工により打撃部の内側を硬くしてインパクト時の反発性能をアップ!ポリウレタン素材の表面に、粘りのある加工を行うことにより、すべりにくく、手袋無しでもジャストフィットするグリップテープです。クッション性もあり、手のしびれも緩和します。バットの長さ方向に特殊磨き加工を行うことにより、ボールをしっかりととらえます。これにより、良好な打球感とボールに大きなスピンを生みます。中間ポイントにバランスを配分。シャープな振り抜きができるため、ロングヒットもねらえる中距離打者に向いています。【BAT71620 80cm・550g平均】は打球音(特良)「カッキーン」、打球の伸び(普通)「びゅーん」、しっかり打ち返すバットを探しているならばぴったりでしょう←好き嫌いはあるでしょう、個人的な感想。息子様や娘様もこの老舗伝統のバットにしてよかったと思えるのではないでしょうか?
写真【ZETTオフィシャルサイト提供】
実物写真【約1年使用】

参考価格 12,300円+税程度
メーカーサイト、取扱い店のサイト。詳しくはこちらをご覧下さい。

  

和歌山の味自慢

  • 歴史ある熊野古道を望む山で育った極上完熟みかん。

アメリカの友達~kizuna~

アメリカの友達でありチームメイト。

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system